<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
第654夜「初回講義」
 蟹澤という講師の、新年度最初の授業を受けに、離棟の4階にある講義室へ向かう。この講義室へ向かう渡り廊下は人が2人すれ違うときに横歩きをしなければならないほどに細く、手すりがなく、おまけに屋根もないために鳩の糞や蛾の死体で白く汚れており、滅多なことでは渡る気になれないのだが、今日は初回から遅刻しそうなので、我慢して歩くしかない。午後の風が草の葉のにおいをのせて、まともに自分の横顔に吹いてくる。広々とした校庭の遠くの方で生じた風だろう、草の香りに混じって何か生臭いにおいが鼻につく。
 前のめりになって気ぜわしく歩いていると、渡り廊下を渡りきった向こうで、蟹澤らしい男が1人、黙ってこちらを見ている。近づいてみると、どうやら私は怒られるようであり、さらに蟹澤氏は私にそっくりだった。
「初回から休講ということはどういうことなんだ?」
 蟹澤氏は私に言う。
「休講だったんですか?」
「休講にしたのは君だろう。講義をするのは君なのだから。もちろん私が代わりに講義をしても良かった。集まった学生たちに向けて。しかしうち合わせも何もしていない状態でガイダンスをしても混乱を助長するだけだ、君には責任感というものがないのか?」
 呆然とする私に、蟹澤氏はプリントの束を突き出す。楽譜のようにオタマジャクシが並んでいるが、五線譜が書かれていない。突き出されたものを反射的に受け取ったが、どうして良いのかわからない。どうすれば良いか聞こうとしたときには、すでに蟹澤氏はいなかった。
by warabannshi | 2014-03-30 10:36 | 夢日記 | Comments(0)
第653夜「撮ることの叶わない町」
 東武東上線の、かつて自分が中学と高校に通学に使っていたおんぼろの駅の1つ手前の駅で降りる。そこですべての電車が折り返すことになっているからだ。私は緩衝器で塞がれた線路を一瞥して、駅前の商店街へと歩きだす。奇妙なことに、駅前の建物の概観から内装まで、映画のセットのように手ぬかりなく、ほどよく古びている。こんなことがあるだろうか。コンビニエンス・ストアがないのだ。蒟蒻玉を茹でる湿った醤油の匂いに誘われて、並びの焼き鳥屋に入る。小さな店内にはあいにく行列ができているが、すぐに空くだろうと思い、長い楊枝が刺さっているつくね(70円税込)を4つ、頬張る。大将がお客をようやく捌ききったようなので、私は長い楊枝を見せて、会計をする。ちらっとカウンターの隅を見ると、消費税改定のため、全体に値上げする旨が書かれている。大丈夫だ、と私は思う。ここにはまた戻ってこられる。そのときは一眼レフカメラを持って、写真や動画を撮ろう、と思う。
 焼き鳥屋を出て、往来を歩いていると、居酒屋からラーメン屋、駄菓子屋まで、どの店も繁盛している。バラックのような店構えのとんかつ屋にも、コートを羽織ったサラリーマンたちが寡黙な列をなしている。私はますます、この駅前商店街の風景をカメラにおさめてみたくて堪らなくなる。そしてふと、私は肩掛け鞄を電車内に置き忘れたことに気づく。
 慌てて、駅に戻ると、プラットフォームからは折り返しの電車が今にも出発しそうである。私が座っていた先頭車両の座席には、すでに誰かが座っているが、網棚には間違いなく私の鞄がある。鞄をとって、ともかく正面の婦人に礼を言い、車輛から飛び降りると背中でドアのすぐ後ろでが閉まった。鞄はなかにウサギでも入っているかのように温かく、また柔らかいと同時に骨ばったものが、なかでもぞもぞと動く。
 さて、私が行かなければならないのは、線路が続いていたはずの1つ先の駅だから、ここからは歩かなければならない。私は、先ほどとの改札口を背にして、もう片方の改札口を出る。すると、長く緩い坂と、右手に団地群が見える。こんな場所があっただろうか。ベクシンスキーの絵画のなかの廃墟のようにそびえ立つ病院の入院棟を見て、私は無性に泣きたくなる。屋上に干しきれなかったぶんなのか、見舞いを迎え入れる玄関先にまで、白い洗いざらしのシーツの他、股引が十数本、風に揺れている。私はまた、許可をとり、この入院棟をカメラで、見上げるような角度から撮りたくて堪らなくなる。「藤堂病院」と、古びた自動ドアの上枠に金文字があしらってある。藤堂病院。後で、詳しいことを調べよう。そして、私は中学、高校の6年間で、1度も1つ前の駅で降りて学校まで歩かくことがなかったことを悔いる。
 携帯電話が鳴る。すでに10件の不在着信がある。祖母である。膝の関節の痛みを訴える祖母が、もしここ、藤堂病院に入院することになったら、見舞いのたびにこの病棟を撮影することができるかもしれない、と思う。
by warabannshi | 2014-03-27 08:57 | 夢日記 | Comments(0)
第652夜「オオアリクイ」
 あるオオカミの数頭の仔のうちの1匹となり、父オオカミの狩りの様子を遠くの物陰から見ている。父オオカミは巨大なオオアリクイの頸椎に噛みつき、これを外そうと試みる。しかし、もがくオオアリクイの爪が、父オオカミの左眼の下を深く抉る。白く硬い爪が、深く深く、眼窩の奥へと入っていくさまが、堪えられないほどゆっくりと、飛び地となった私の視界で生じる。気づけば、私たち仔オオカミたちは、揃ってヒトの姿となり、死んだ父オオカミの死骸を囲み、泣きながらその肉を焼き、食べている。私にも焼かれた肉が廻ってきた。しかし、肉の表面には砂が黒胡椒のようについており、食べられたものではない。
by warabannshi | 2014-03-24 11:22 | 夢日記 | Comments(0)
[SUMMARY] “Sustainable farming in Japanese Agriculture” 
※某所で添削してもらった英文を、せっかくなので公開。日本語訳は時間のあるときに追記。

“Sustainable farming in Japanese Agriculture”

OUTLINE
Background
Presentation
 1. The importance of Soil composition
  1-1 For high quality vegetables and fruits.
  1-2 For sustainable farming.
 2. The character of Japanese agriculture
  2-1 Japanese agriculture is mostly “horticultural”
  2-2 It is also “well-researched”
 3 What should we do for sustainable farming method?
  3-1 Investigate and inventory local ecosystems
  3-2 Investigate and inventory local cultures
Note

Background
 As TPP becomes an important issue agricultural focus is placed on producing high quality products. So, for example Japanese agriculture produces high quality products using soil conservation methods. So, today I explain “Soil Conservation Methods in Japanese Agriculture”.

1. The importance of Soil composition
1-1 For high quality vegetables and fruits.
 A wine brand depends on the uniqueness in its soil composition of the vineyard. In Bourgogne, for example, wine brands are differentiated by only one ridge's difference. This occurs due to the stratum's difference, an outflow of the nutrition by rain, and so on.
1-2 For sustainable farming.
 In 1g of the forest soil, 5 to 6 billion of microbes exist. Soil in which many kinds of plants are growing is a rich repository for soil based organisms. There is a distinct absence of this ecosystem in the soil of monoculture agriculture.

2. The character of Japanese agriculture
2-1 Japanese agriculture is mostly “horticultural”
 Many people say the pivot of the agriculture reproduction is high quality products. The Japanese agriculture is mostly “horticultural”. The direction of the selective breeding of horticulture is different from agriculture's. The prerogative of agriculture is preventing a bad harvest. While the priority of horticulture is making high quality products.

2-2 It is also “well-researched”
 After the Meiji Restoration, the Department of Agriculture, using German techniques, made a soil chart of the whole of Japan. In those days this was rare in the world. Why did they make this national soil chart? It was for the effective utilization of the limited arable land in Japan.

3 What should we do for a sustainable farming method?
3-1 Investigate and inventory local ecosystems
 The first step is to investigate and inventory local ecosystems, so as to achieve to collect data about the existing densities of various animals and plants, and the degree of affect that each creature has to the ecosystem.
 When a plot of land has big niches but little surplus energy (e.g. desserts, plains…), intensive agriculture using pesticides and chemical fertilizers is generally effective, even if this method promotes settled-agriculture and single-crop farming.
 However, in many areas of East and Southeast Asia, where multiple-and –varied-niche ecosystems exist, intensive agriculture is unfitting. When governments and corporations transform multiple-niche areas into a single-niche, single-crop farming area, ecological balance is thrown out of whack coming perilously close to disaster. Government needs to learn to make efficient use of small niches. (ex. gathering dye from coccid)
3-2 Investigate and inventory local cultures
 The second step is to investigate and inventory local cultures. We need to study traditions and activities of people associated with the land (such as, for example, taboos, festivals, and belief systems…).
 When you want to keep local ecosystem in good condition, a single method may not be effective at all times. Much the same as biological adaptation, local culture’s traditions are adapted to the unique set of environmental conditions they subsist in. It is necessary, I feel, to implement traditional methods suitable for each environmental condition. We need an “agricultural comparative manner”.

Note
- To what factors of a local culture’s traditions should we pay attention to?
1. To optimization Local culture’s traditions have forms that are most suitable for traditional economy and circulation somewhere. It is through the disappearance of indigenous languages that approaches of the optimization in the area are lost. 2. To follow the minimum line. A local culture’s traditions have approaches that follow the minimum line. For example, in a tropical zone, a local culture may have many taboos and supernatural myths connected with a certain species of plant or animal. This is the local ecosystems keystone species. In the laurel forest zone, the minimum line is not as clear. In Japanese Shinto thought there are 8 million deities intimately linked with the elements of the natural world.
- I note that many soil conservation's foundational concepts are a glaring omission of discourse on the relationship of soil to the society and culture that it supports. I would venture to say that these “Foundational concepts” have been composed from the viewpoint of soil as a production factory. I feel that resources and scale should be based on “Foundational concepts”, as well as ideas that address how humans can harmoniously co-exist with the limited fertile arable land. That remains after decades of irreverent farming practices that have treated the soil as a mechanical tool to human profits.
- Should we focus on educating or re-educating local peoples in their forgotten legacy?
- Governments and corporations (who transform multiple-niche area into a single-niche, single-crop farming area) need to learn to make efficient use small niches. So, local areas should promote creating organizations that gather and assemble information through investigating and inventoring local ecosystems and cultures etc. Monitoring systems at the national level are necessary, but they are insufficient for these purposes.
- All of these approaches are top-down. How do we in corporate structure of the bottom-up approach? (How should the government support local areas?)
- Soils may be totally treated like a factory. We cannot consider management of soils in the same way as the management of factories. This is because a soil’s properties are linked to local cultures.
by warabannshi | 2014-03-17 15:13 | メモ | Comments(0)
与太話@新宿・星乃カフェ
「部屋を横切っていく鈴の音だとか、誰もいないのに不意に開く引き戸について、それらをなしている、霊や小人のような、“見えない何か”の存在を仮定したことはないんですか」
「“見えない何か”がいるとしても、それが一つだとはまったく思えないし、一つ一つを識別しようとすれば、気が狂うと思う。雨粒の一つ一つに名前をつけようとしたら、人間は間違いなく発狂するように」

「例えば、波を立てる穏やかな外洋で、水面から高さ数センチの位置に、水面と平行な平面をすぱっと切るとします。そのときの断面には、空気の部分と、水の部分が混在していて、さらにその断面だけを見れば、空気の領域に不意に水の領域が現れ、そして何事もなかったかのように消える、その明滅がいたる所で生じている。その一つ一つの明滅を、いちいち数えられない…こんなイメージですか」
「すごくよくわかる。ただし、その比喩だと、〈空気〉と〈水〉の2種類しか領域がないけれど、じっさいは数えきれない種類の領域が、明滅していると思う。そのとき〈空気〉の領域に特権はないけれど(〈空気〉の領域に異なる何かが侵入しているように思えるけれど)、〈空気〉の領域をゼロ基準のように見なしてしまうのは、そこに私たちが棲まっていると思っているからでは。じつのところ、私たちは〈空気〉のなかに棲むのではなく、その断面の特定の場所を占めている」
「その場所は、placeですか、addressですか」
「両方。どちらが欠けても、可算名詞にならない。とくに重なり合う必然性のない、placeと、addressとを断面上にピン止めしているのが、個体あるいは肉体としての、名前を持つ“私”」
by warabannshi | 2014-03-09 06:10 | メモ | Comments(1)
第651夜「ひじき」
 すだれ禿の鬘をつけた内村光良(小須田部長)のような男性が、顔中の毛穴からひじきを噴いて苦しんでいる。一本一本のひじきは、嘲弄的にくねくねと波うち、男性のすさまじい形相とコントラストをなしている。線虫のような黒いひじき片が、彼の顔の皮膚の裏側には、数えきれないほどうごめいているのだろうか。私は当然ながら彼を助けたいと思うが、歯を食いしばりながら、ひじきを引きちぎることもなく苦悶している男性を見て笑ってしまう。笑ってしまうことが許されるのは、まさにそれが1961年、地球周回軌道にのったガガーリンを映す記録映画に混在した映像に過ぎないからだ。
by warabannshi | 2014-03-09 05:26 | 夢日記 | Comments(1)



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング