<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
第676夜「謎々」
 分厚い1切れのハムを、5人で公平に切り分けることが求められている。「真ん中に長方形が残るように、4方向から切れ目を入れていけばよいようにまっさきにイメージされるが、脂身が偏っていたり、結局のところ、直方体のブロックが1つを残してあとはくず肉になりそうで、そんな理想通りにいかないのは分かっている」。そう、屈強な4人の男たちのひとりが言う。私はなぜか女性になっており、そのためなのか、すぐにこの謎々の答えがわかる。「構わずハムを4等分に。そして、4人はそれぞれの肉を。私はすべての肉の断面をいただこう」。それは結局のところ、すべての肉をお前が掻っ攫うということなのではないか。4人の男たちは闖入者をこき下ろす。「私は肉を食べることはできない。私の取り分は断面であって、肉そのものではないから。同時にあなたたちも肉を食べることができない。すべての肉の断面は私の取り分であるから」。寓話めいたこの解決策は、しかし4人の男の食欲の前では現実的ではなく、棄却される。
by warabannshi | 2014-07-09 05:35 | 夢日記 | Comments(0)
第675夜「鉄塔」
 何百段も階段を昇っているうちに感覚は麻痺していき、それまで何をしていたのかわからなくなる。青いワイシャツにネクタイを締めているが、灰色の薄手のパーカーを羽織っており、下はだぼだぼの部屋着のような木綿のズボンで、足には何を履いているのか覚束ない。一人で良かった。すれ違った名前を知らない顔見知りに驚いた顔で目礼をされたのは覚えている。息は切れていない。しかし、空気は乾いており、大分薄いように感じられる。軽い頭痛がしている。階段の踊り場の鏡は、良く晴れた青空を映している。ここが最後と思い、振り向くと、果たして、打ち放しのコンクリートに四方を直方体に切り取られた青空に、dignityを具現化したような巨大な黒い銀色の鉄塔の頂端が風に吹かれている。
 正にこれを観ようとしていたのだ。私は非常に満足して、堪えられずに欠伸をする。誰からも忘れ去られたステンレスの物干し台には、もとは何だったのかわからない、朽ちた布が揺れている。私はその物干し台によりかかり、しかしこれを記録する術がないので、タル・ベーラならこれをどのように撮るだろうか、あるいはルネ・マグリットなら、とさまざまな無い物ねだりを喉の渇きとともに飲み込もうとする。
by warabannshi | 2014-07-09 05:09 | 夢日記 | Comments(0)
第674夜「竜巻」
 東京駅のどこかわからない広くて薄暗いコインロッカールームで、文芸同人の面々と待ち合わせをしている。待ち合わせ時刻よりも前のはずなのだが、すでにコインロッカーの前には多くの人が集まっており、僧形の人もいるのでまずこの集まりだろうと思う。
 一緒に中華料理屋に向かう道すがら、芝生を敷いた校庭の隅で、小さな竜巻が生まれている。寒暖差のせいなのか、小さいながらも旺盛に土埃を跳ねあげている。私はなんとなく嬉しくなり、竜巻のほうに駆け寄る。すると、その竜巻が私の頭の上に乗り、そのまま首から肩へと降りてくる。いくつもの雲母のような氷の切片が私のほほや首筋に当るが、まるで洗われているようでとても気分が良い。気がつくと、竜巻は消え、私の両腕は真っ白になっている。霜でも降りたのかと思って前に突き出してみると、宙空に真っ白の文字をすらすらと書き浮かべることができることに気づく。「Holly Garden」と試しに書き浮かべてみて、漫画のようなことができるようになった両腕にうっとりする。
by warabannshi | 2014-07-01 01:46 | 夢日記 | Comments(0)



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング