<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「塩谷賢、哲学を語る」@哲学塾カント 第1回「哲学は学問か?」 #02

 その前に断っておいたほうがいいや。まず、学問とは、という話をやったときに、同時に私は学者かという問いがあるはずだよね、真面目に考えて。学問というのは普通、学者の専門領域だということを普通みんな理解してますよね。つまり学者とはある種のプロフェッショナルだということになる。
 果たして私はプロの学者なんでしょうか。ここで皆さんから1000円なり2000円なりをいただいて、中島さんから上がりの一部をかすめ取るという形でやっているので、プロと言えばプロと言えるかもしれない。
 でも、今現在の状況において、学者は何をするかというと、学術雑誌、あるいは各大学の紀要に論文を載せるということをします。論文を載っけるか載っけないでガタガタみんなに言われ、論文が載ったらそれが印刷されて、最近はウェブで載っかってることもありますが、そういう形でやりとりをして、「論文から構成される雑誌」という一連の流れをつくっていくということをするのが標準的アカデミクスです。そういう意味で、私は論文を1本も書いてない人として(書いてないわけじゃないんだけど)悪名が高いんで、その限りでは、今のシステマティックな意味での学者では多分ありません、はっきり言って。
 さらに、私が、私は学者じゃないなと思う理由として、私は思い付きはいっぱいしますし、いろいろ考えるんですが、学問というのは当然ながら「知る」っていう言葉が入るんだよね。感じるだけじゃ学問じゃない。芸術は学問じゃないですよね。知るっていう言葉が入んなきゃいけない。知るはいろんな意味があるんだけど、ヨーロッパ系、英語だとKnowですよね。ドイツ語だったらWissenだけど、知るというのはものすごくきつい言葉として、伝統的には使われるんです。なぜか。知るとは「正しいことを知る」でなきゃ駄目なんですよ。正しくないことは知ってるとはいえない。だから「知る」ためには正しいということを確認しなければならない。思い付いたから正しいとは限らない。ということで、なんというか、もう嫌ったらしいぐらい地道な作業をやるんですよ。ロマン主義の時代に天才という概念があったけれども、すごいでしょう? 思い付いてワーッとやってる人が居る。でも思いつきだけじゃなくて、それがちゃんと知るということになるためには裏打ちがなされるようなことをしなきゃいけないんですよ。
 往々にしてすごい学者っていうのは、例えば社会学のルーマンとかは、思い付くことと、それからそれを確認することを分業する場合があります。で、分業する場合は弟子筋が多い。こういう思い付きだ。おお、いいぞ、いいぞと言って、確認の分業をすることによって、学派というのができるわけですね。そういう意味で、さっきジャーナルアカデミックというのは、知るということを確認するために作られたシステムだと言えます。知るということをきちんと押さえるために分業ということがなされ、知るということを押さえるために書くということが中心になったわけです。
 書くというのはつまり、思い付きを共有するんじゃなくて、書いたことによって、そうじゃない立場でも大丈夫にするということです。さっき言ったけど、知るというのはもう少し強い言葉なの。
 知るは必ず真実だっていうことと関わりがあるとすると、これも何が真実かって問題はあるんだけど、――真というのは、いろんな意味がありますし、皆さん、いろいろ思うところはあると思うけど、一つの、間違いなく言えるのは、「真」といった限りはどこに行っても「真」なんですよ。例えば、条件付きで真だったら、その条件においてはどこでも真なんですよ。О君は男である。アフリカに行こうが、アメリカ人が見ようが、犬が嗅ぎ付けようが、О君が男であるのは間違いはないと。ただ、もしかしたらSFの世界に行ったらО君は女になってるかもしれない。でも、その場合は、「この世界でО君は男である」というふうにすれば、ここはSFの世界じゃないんだから、それを削って、やっぱりこれ、この世界のどこでもずっと使えますということになるわけ。
 どこでもずっと使える、ということが、真という言葉の中に入ってくるということは、受け取る人間とかなんかによらずに、それが真である(=どこでもずっと使える)ということを確保しないと知るということにならないということになるわけで、そのときに書くということは一つの重要な役目になると。書かれたものを誰がどう読むということと、書いたつもりで読むということのギャップがあるわけだ。みんな言うわけですよ。俺はこういうふうに書きたかったんだ。おまえらの読み違えだっていうのがある。でも、もし、真を言うんだったら、――もちろん読み方の、読み手の問題もあるけど――その真だっていうことは、自分が書きたかったからということで担保されるもんじゃないですよ。
 そして学者というのはそういうことに関わらざるを得ない。だから、すごく地道なことをする。実験とかいろいろ、みんなちびちびやるわけです。大学へ毎日行って、ヒヨコの何かを調べるために、孵化器を持ってきて、温度調節してというのを1年くらいやって、それで間違いないねって話にして書く。でも、それだって、そのある今言った条件付けの中でしかできない。だから、知るっていうことはものすごく、そういう形ですごく強く「真」という言葉を取ると、知るっていうことはもうちびちびとしかできないんですよ。

……続く……

【告知】
中島義道さんの哲学塾カントで「塩谷賢の哲学道場」が始まりました!
2回目は以下のとおり。
日時: 3月28日(土) 19:30~21:15
参加方法: 要事前申し込み。HP(http://gido.ph/ )のアドレスからどうぞ。先着20名程度。
by warabannshi | 2015-03-21 23:33 | 塩谷賢発言集 | Comments(0)
「塩谷賢、哲学を語る」@哲学塾カント 第1回「哲学は学問か?」 #01
――【k123934-3】「塩谷賢、哲学を語る」@哲学塾カント 第1回「哲学は学問か?」――

●「哲学は学問か」というお題について考える

 哲学は学問かという話ですね。日本語だと当然こうなってるから学問だということはあるし、少なくともドイツのカント先生の時代から、大学に哲学という科目ができてしまったという限りでは、哲学は学問という形であるわけです。ところが、歴史的に見ると、大学というのは別にドイツの大学が(今、日本もそれを踏襲してますけど)初めて作ったわけじゃなくて、皆さんご存じのように、大学と名前を冠したものはもう中世の早いうちに、いわゆるカロリングルネサンスの時期の後からできています。有名なのはイギリスのオクスフォード大学、一番古いのはパドヴァ大学かな、いわゆるローマの辺りからではないのが、スペインにあったサラマンカ大学ですが、そこではみんなが哲学をしているわけではなかったです。例えば、ボローニャ大学で一番有名だったのは、医学なんですよね。哲学の強かった大学というのはどこかというと、パリ大なんです。
 この時期は大学の学生と先生という区別がなくて、要するに、知的なことで世間からはみ出してしまった人たちが、しようがないから寄り集まった。寄り集まった上で、でも、頭がいいからいろいろと使えると。それで、教皇庁とかあたりでお伺いを立てる(強迫したのかもしれないけど)、認可を取って一緒になるような、これはある種の共同体として大学ができたわけです。その中で先に進んでた人と後からくっついていく人というのが居て、一緒に勉強しながらやっていくと。
 日本では、仏教のお寺がそういう機能を平安期は持ってたんです。学生(がくせい)は、学生(がくしょう)ですからね、もとは。坊さんが偉くて教える、特に禅仏教のときにそういうような師父というのでイメージが付いたけれども、本来、そうじゃなくて、 学生らが一生懸命いろいろがちゃがちゃとやりながら、宗教、仏教に対する教理問答とかやってたというのがもともとの古い、奈良朝ぐらいから平安朝の前期のお寺で、日本の大学も多分にそういうのを受け継いでいるのではないでしょうか。
 さて、では「学問」という語をどう受け取ったらいいだろう。非常に困るんですよね。これ、やっぱり独特の言葉で。ドイツ語だとWissenschaftという言い方がある。これは非常に広い概念でWissenschaftという言葉を使えるわけです。「知ることを軸にして何かすること」という意味ですね。一方、サイエンスは、もともとScientiaという概念があって、分けて何かするっていう話だった。今、サイエンスっていうと自然科学が思い出されると思うけど、英語では社会科学(natural science)と自然科学(social science)の2つがあります。問題は人文科学という言葉が日本にあるけど、向こうにはhuman scienceはないですね。普通はhumanityという言い方しかしない。これは人文の意味です。ところが、humanityというのは非常に広い範囲の学問ですよ。アリストテレスから由来するところもあるし。

…続く…

【告知】
中島義道さんの哲学塾カントで「塩谷賢の哲学道場」が始まりました!
2回目は以下のとおり。
日時: 3月28日(土) 19:30~21:15
参加方法: 要事前申し込み。HP(http://gido.ph/ )のアドレスからどうぞ。先着20名程度。
by warabannshi | 2015-03-17 10:10 | 塩谷賢発言集 | Comments(0)
第691夜「氷結」
 深い森の隅々にまで夜気が染みわたり、川の中島にある小ざっぱりした建物でピアノの演奏会が開かれる。ピアノは地下におかれていて、その演奏は計算されつくされた反響によって入り組んだワインカーヴのような建物のあらゆる柱まで届けられる。私は招待客の1人として、ピアノの演奏を、よく磨かれた木の柱に背中を預け、楽しんでいる。デカルトか誰かは「精神は骨だ」と言ったが、まさにその通り、演奏者とこの立体建造物、そして招待された二足歩行者の骨格が、この演奏のすべての観客である。
 ふとノイズめいたものを感じ、瞑っていた目を開けると、演奏者の連れらしい白人の男性が飲み物を片手に心配そうにうろうろしている。どうしたのかと聞こうしたが、聞くまでもない、雨が心配なのだろう。立体建造物の外ではノアの洪水もかくやといわんばかりの豪雨が森を打ち、そして、この建物を取り囲む川を増水させている。彼はこの蟻塚めいた場所で溺死するのが嫌なのだ。無論、それは正しい。ただ、この建物は水浸しになりはしない。こう見えて、島の地面はなかなか高く、古くからの神社が祀られているくらいに地盤もしっかりしている。私は再び目を瞑り、骨格だけの存在となる。
 眠りから覚めたように、また目を開けると、いつの間にかその神社の境内にいる。すっかり晴れた朝で、空気は埃がまったくなく、肺に気持ちいい。境内にはMさんとSさんがいて、トークイベントでも始まるのか、対談するような席が設えられている。私は邪魔をしないように、そっと鳥居をくぐって、境内を後にしようとする。すると、後ろからものすごい風が吹いて、雨のあとを瞬く間に粉雪に変えていく。私は立ちすくみ、樹氷となろうとする。私は一度も樹氷になったことがないのだ。ぱりぱりと結晶化するように微氷片が背中や肩を被っていく。私は嬉しくなり、大きく両手をかかげる。ちょうど鳥居に指先がとどくかとどかないかのところで、その指先を氷片が覆っていき、ついに氷によって鳥居と結ばれる。
by warabannshi | 2015-03-16 06:07 | 夢日記 | Comments(0)



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング