<   2016年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
第711夜「造形」
 知人Cが、Webで奨学金を募っている。次の文章にどのように対応するかが、書類選考である。
「98万円も出して買った足つぼマッサージ機が、手に入った瞬間に謎の“要らない”。結果、78万円でディスカウントしたが、差額の20万円に納得がいかない」。
 無事に書類選考を通過し、私は面接を受けるために、彼のオフィスがある海棲哺乳類研究所に向かう。きちんとネクタイをしめ直して、エレベーターを降りようとすると、自動車椅子に乗った黒人女性が扉の向こうにいる。会釈をして、先に降りる。そして、すれ違った瞬間、彼女がカナダ出身であり、恋人を亡くしたばかりであることを突然知る。
「失礼ですが、この研究所には“転送”のために? …あと、日本語でも大丈夫ですか?」
「その通りです。英語が望ましいですが、日本語でも可です」
 面接が始まったのだ。
「“転送”はクジラやイルカなどになさるおつもりですか? それとも人工の義体に?」
「義体の造形次第と考えています」
「あなたが完全義体への、懇意にされていたその方の“転送”を望むなら、義体は欠損体にする必要がありますよ」
「どういうことでしょう?」
「つまり、眼や耳など感覚器の数、四肢や指など、どれかが欠損した造形にする必要があるということです。たとえ、機能上はヘカトンケイルでも、造形上はどちらかの腕を故意に造らないでおくことを強くお勧めします」
「なぜですか?」
「一つは、理想通りの“転送”はできないからです。“転送”終了時から、彼はあなたの想像力の延長上に存在するイメージではなく、独立した演算領域を持つユニットになります。そのずれの解消のためです。もう一つは、我々が人工知能に抱く恐れを軽減するためです。欠損体にする理由はここにあります。畸形であれば、シャムの双生児のような過剰体でも良いというわけではありません」
「あなたは、人工知能が自らの義体を造形しようとするとき、その造形を過剰体にすると思いますか?」
「その人工知能が、何のために物質的な義体を求めるかによると思います。そもそもヒト型にする意義がどれくらいあるのか。いわゆる悪意をもって、自らの義体を設計するのであれば、我々はそのとき、悪が欠損なのか過剰なのかを知ることになるでしょう」
by warabannshi | 2016-05-22 03:01 | 夢日記 | Comments(0)



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
記事ランキング