<   2018年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
第727夜「ランドリコフ」
 身にまとった服が体に飲み込まれていく奇病の発作に見舞われている。何を着ても、肌の奥に蒸発するように消えていく。シャツや下着が飲み込まれていくたびに、次第に体毛が濃くなっていくような気がするが、質量保存の法則に惑わされて見ている幻覚かもしれない。ともかく、急いで飲み込まれない材質の服を探さなければ、一時間目に遅れてしまう。高校の制服は真っ先に飲み込まれてしまい、ジャージもすでにない。そして、試行錯誤の末に、革ジャンは飲み込まれないことに気づく。しかし、全裸で上半身に革ジャンをはおったまま往来を歩くわけにはいかない。
「ここがアラスカだったら!」
 そう願った瞬間、場面転換の音楽が流れてくる。
 古びた中欧の民謡のレコードのような男性の声が、幸せなら手を叩こうのメロディラインにあわせて、Up dollar to send your knee, Dear Randolikov, Dear Randolikov...と聞きなれない名前に向けた歌をうたう。
 次の瞬間、私は白い肌の海洋哺乳類となり、アラスカの海中にいる。鼻先で凍る寸前の水温を感じる。

by warabannshi | 2018-07-31 07:48
第726夜「離人症」
 離人症と思しき症状を呈している。操り人形の糸だけになった気分、といえば聞こえはよいが、肉体のあちらこちらとつながっている白っぽい糸は中途半端に弛緩し、その弛緩の具合も一定ではなく、しかも太ささえ糸の途中で乱れているので、加熱して破裂した瞬間接着剤の飛沫を背後から浴びたような、ひどくみすぼらしい有り様となり果てている。無数の糸は中空でささやかな瘤状のものを作り、それらが私に視野や自我を提供しているらしい。私は、ベランダの椅子に呆けたように座っていた私の肉体の各部位を引っ張って動かし、だらしなく羽織ったアロハシャツのボタンを2つだけ留め、階下へと向かわせる。なぜかはわからない。来客があるのか。短期記憶はあの頭蓋骨のなかに置いてきてしまったのか。よろよろと急な階段を壁伝いに降ろす。すぐ横にある玄関の鍵をかけさせる。違う、来客ではない。私は私の肉体を台所へと向かわせる。意思は肉体の側に、そして能動性はこちらの側にあるらしい。私は台所の流しの前でプラスチックのボトルに入った、牡蠣殻を砕いて固めたような黒っぽい錠剤を山ほど右手に盛る。それを口に頬張り、水道の水で嚥下しようとする。反射もまた、肉体の側にあるようだ。何回かの嚥下のあと、私は再び私の肉体をベランダに向かわせる。急な階段を這い上がらせるのは至難の技で、すぐに足を踏み外して転げ落ちる。痛みのない傷みが加わるにつれていよいよ肉体の動きは鈍くなっていくので、いよいよ苛立たしい。やっとのことで引き摺るようにして私の不愉快な肉体をベランダに持ってくる。辺りは日没後の薄暗闇に沈みつつあるが、妙に騒がしい。私の肉体にとっての眠りが、この私の眠りと等価なものでありますようにと祈ったとき、不意に先ほど飲み下した大量の錠剤が睡眠薬であったことに気づく。風はなく、蒸し暑い。
by warabannshi | 2018-07-23 07:43
[塩谷賢さん講義シラバス]2018年度前期「哲学表現基礎論」@早稲田大学理工学術院
※メモとして

【授業概要】
 表現は知的・心的活動全般にわたって不可欠な行為です。それゆえ、芸術、学問、信仰、政治、経済活動、日常のコミュニケーションなど、実際の活動のジャンル、目的、手段、参加者等によって多種多様な形態をとります。また。、生物における遺伝子型と表現型、数学や計算機科学での表現定理などの使い方にみられるように、表現は個人の主観的な行為にとどまらず、認識とのかかわりの中において、出来事としての構造的、存在的な側面をも含むものと考えることができます。
 この講義では哲学の見方を介して、表現の多岐にわたるあり方についてのひとつの視角を得ることを試み、各分野での表現の持つ意味への理解を深めます。
【授業の到達目標】
 様々な哲学者の考え方の紹介と検討を通して、概念分析やアナロジーなどの哲学的な思考の実践に触れることで、表現について自らの分野横断的な理解形成への手掛かりを得ることを目指します。
【授業計画】
第1回 導入(この講義の目的と概要)/この講義の目的と概要について説明します。
第2回 哲学的であるとは/哲学について、この講義で参照する立場について説明・議論します。
第3回 表現と記号/表現と記号の関係について、哲学的な側面から検討します。
第4回 形式的表現/形式的な表現において抽象性と表現の契機の関係を考察し、概念との関連について論じます。
第5回 スキーム・図式と背景・地・環境/表現の構造や個別性と表現のおかれている場の関係について考察します。
第6回 媒質としての表現/表現の動態的・自立的な面を「媒質」という見方を通して論じます。
第7回 表現における単位と制御/表現の機能的な構造と表現を介した制御について論じます。
第8回 表現とシステム/表現の働きをシステム概念との関係から考察します。
第9回 システムの間、場所と空間/表現の多様性と関係性を機能的な存在論の方向から論じます。
第10回 演技と現実/媒質としての表現の媒介性を実際に支える契機について考察します。
第11回 表現とコミュニケーション/コミュニケーションについて考察し、表現との関わりについて論じます。
第12回 技法と素材/表現の機能と、その実現におけるあり方と契機の関係について論じます。
第13回 表現主体と個人/表現における意図や目的と人間の関係について考察し、「意味」について論じます。
第14回 意味と創作/表現の動態性について認識論と存在論の2つの面から考察します。
第15回 学習した内容の点検と確認

【教科書】
使用しません。

【参考文献】
コーネリアス・ドゥヴァール 『パースの哲学について本当のことを知りたい人のために』(勁草書房)
ゴットロープ・フレーゲ 『概念記法』(勁草書房刊『フレーゲ著作集1』)
ラッセル・B.グッドマン 『ウィトゲンシュタインとウィリアム・ジェイムズ』(岩波書店)
スタンリー・カヴェル 『哲学の〈声〉』(春秋社)
モーリス・メルロ=ポンティ 「眼と精神」(みすず書房刊『眼と精神』に所収)
今村仁司 『ベンヤミンの「問い」』(講談社メチエ)
ヴァルター・ベンヤミン 「言語一般および人間の言語」(晶文社刊『ベンヤミン著作集3』、ちくま学芸文庫刊『ベンヤミン・コレクション1』に所収)
スティーヴ・アウディ 『圏論』
外尾悦郎『ガウディの伝言』(光文社新書)

by warabannshi | 2018-07-21 17:43 | 塩谷賢発言集
第725夜「余殃」
「あのとき助けていただいた、あなたの心です」
by warabannshi | 2018-07-14 17:42 | 夢日記



夢日記、読書メモ、レジュメなどの保管場所。
by warabannshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
カテゴリ
全体
翻訳(英→日)
論文・レジュメ
塩谷賢発言集
夢日記
メモ
その他
検索
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2004年 11月
2004年 08月
2001年 12月
その他のジャンル
記事ランキング